HOMEお庭の施工実績トータルデザイン >門松 東近江市R寺

門松 東近江市R寺

毎年年末に、お寺の門の前に飾る門松を作成しています。

昔、木のこずえに神が宿ると考えられていたことから、門松は年神を家に迎えいれるための依り代(心霊が寄り付く対象物)という意味合いがあります。

設置し始める時期は12月20日から12月28日までに飾ることが良いとされています。(29日は『二重苦』に通じ、30日31日は『一夜飾り』で神をおろそかにするということから)

松・竹・梅の縁起の良い物の他、葉牡丹やナンテンなどを用いて、お正月を迎えるにあたり、シンプルかつ華やかなお飾りです。

関連の項目-お庭の施工実績-