HOMEよくある質問剪定について >柿の剪定方法。

柿の剪定方法。

Q. 柿の剪定方法を教えて下さい。

A.

柿の剪定のポイントは、簡単に言ってしまえば「徒長枝をもとから切る」です。

 

垂直に伸びている枝には、実を付けないので切るようにします。

やや下にたれ気味の枝によく実を付けます。

そういった枝でも、強く伸びているものは切らないと翌年強くなりすぎるので、 「弱からず、強からず、やや太めの枝」を残すように切りましょう。

 

基本的に、富裕柿より次郎柿の方が実を付けます。

 

次郎柿はあまり枝の伸びが強くない為、なり芽がたくさんできるようです。

 

柿の木は12月に葉を落としてから、3月末までに剪定しましょう。

 

やってはいけないことのポイントとして、

 

*細かい目を切る。

*目先だけを切る。

*葉っぱのあるときに切る。

 

この三つはやらないようにしましょう。