HOMEブログ季節の植物のお話しです。 >多肉植物の植え替えと盆栽風

多肉植物の植え替えと盆栽風

3月~4月は多肉植物(夏型)の植え替えに適した時期です。
株分けをしたり、差し芽をしたり、葉挿しに挑戦してみたりと、多肉を気軽に増やす準備をしましょう。

盆栽用の鉢にエケベリア

和の塗りの器に多肉植物を植えてみました。
暑い国育ちの多肉植物はドライな雰囲気でジャンクテイストにばっちり似合いますが、こんな風に落ち着いた和の器だと、多肉質な葉がより一層みずみずしく感じませんか?

和の器に はなうらら

エケベリアのはなうらら
もうすぐ花芽が上がってきそう♪

デビー 盆栽

こちらは3つ脚の陶器の器に。
頂きものの多肉を一年育て株分けしました。
たぶんデビーという子です。グラプトペタルムのベンケイソウ科
一年中うっすらピンク色をしていて、とても育てやすいです。

盆栽風の多肉植物 トリオ

こちらもきっと盆栽に使われるであろう塗りの鮮やかな器。
株分けしたものを色々植えてみました。

松のみどり

松のみどり

紅稚児 クラッスラ 盆栽

紅稚児

デビー

デビー(たぶん)

シルエット

赤玉小粒+燻炭+砂

植え替える土は 赤玉の小粒+燻炭+砂を混ぜたものを使っています。
燻炭は葉色を良くしたり、浄化作用があるようです。
植え替えの際は根についた古い土は落とし、古い根と枯れた葉などは取り除いてリフレッシュさせてあげてから新しい土に植えてあげるとよいです。

葉挿し

植え替えの際、ぽろぽろと落ちてしまった葉は次の新しい多肉の子株を育てられるチャンスになるかも!
今年も葉挿しに挑戦です。

エケベリア リタ

エケベリアのリタ
寒くなってからしばらく室内にいたのですが、どうも元気がないので雪の日以外は外のテラスへ出していました。
するととても元気に、そして美しくなりました。
多肉は種類によって寒さにも充てる必要があるものも多くあります。過保護すぎるのも、放置しすぎも厳禁。
やはり良く観察して、ご機嫌をうかがってあげる作業はどの植物にも共通していますよね。
根元の茎には子株が5つほどできていました。一年でこんなに沢山出来るものなんですね!

エケベリア リタ 子株

子株は株分けしやすく(下の方の茎についているので)なってから株分けしたいと思います。

多肉植物 春の準備 植え替えしました。

滋賀も3月に入ってやっと0℃を下回らない日が増えてきたので、店舗からテラスの下へ移動してたっぷりと外気と日光を浴びさせてあげています。

多肉植物育て方ノート 本

私が多肉植物を育てるのに参考書にしている本です。
様々な多肉植物の図鑑のようなところから、管理の仕方、土のこと、多肉植物で困ったことの対策など詳しく載っています。とても参考になりますよ。

関連の項目-ブログ-