HOMEブログ季節の植物のお話しです。 >真冬に楽しむインドアグリーン 球根栽培

真冬に楽しむインドアグリーン 球根栽培

ムスカリ、ヒヤシンスの球根を使って、インテリアグリーンを楽しんでいます。

ムスカリの球根 12月2日

真冬のインドアグリーンとしてとても楽しい球根栽培。
こちらはムスカリの球根です。
古びた空き缶と100円Shopの可愛らしい空き缶を利用して、水苔を詰めて、球根を育て始めました。
球根を楽しむコツとして、球根を土や水苔の中に埋めてしまわずに、根だけを地中または苔中に生やすようにします。
ころりと飛び出した球根が愛らしいですよね!

ムスカリの球根 12月10日

約10日たった頃です。
にょきっと葉が伸びてきました。
温かい窓辺で、太陽の光と熱を十分に与えてください。水やりは水苔が乾いてからあげればOK。

そうして、1か月後。1月の終わり頃です。
葉がどんどん伸びてきました。
まだまだ花芽は上がりません。まだ温かさが十分ではないのでしょうね。

ヒヤシンス

そしてこちらはヒヤシンスの球根。
ヒヤシンスの球根は水耕栽培でおなじみですよね。
ジャムの空き瓶がちょうどよい大きさでした。

ヒヤシンス 1月29日

やはりこの根っこが魅力的ですから、ここをしっかり観察できる透明の瓶が最適です。
この根のビジュアルがステキ!見ているだけでぞくぞくします!

窓辺で水耕栽培 ヒヤシンス

窓辺に並べて育てています。
寒い季節ですから、光はとても重要な栄養ぶんです。
太陽のエネルギーを頂いて、根を伸ばせ、芽を膨らませよ。

ヒヤシンス 水耕栽培

寒い冬でもインドアで楽しめるグリーン、球根を使った水耕栽培でした。
一足おさきに、部屋で楽しむ春の芽吹きを楽しむ時間もステキです。

関連の項目-ブログ-