HOMEブログ季節の植物のお話しです。 >麻ひもでコケダマ作りました。夏バージョン

麻ひもでコケダマ作りました。夏バージョン

冬に大好評を頂いていた毛糸のコケダマ。
暑い夏にもお部屋の中で緑を楽しむコケダマ 夏バージョンを作りました。

麻ひもでコケダマ 夏

冬は植物の根元を水苔と毛糸を巻いて作った コケダマ。

夏は涼しげに、麻ひもを使って 夏バージョンのコケダマを作りました。

 

※お部屋で楽しむコケダマの詳しい作り方はコチラからご覧ください。

黒奉仕 くらまごけのコケダマ

鉢植えで育てている黒法師(多肉植物)から小さなわき目が出ていたので、その小さな小さな黒法師をポイントにクッションモスとう名で親しまれているイワヒバ科の セラギネラ と組み合わせてみました。

 

 *セラギネラ は半日陰を好む植物で、インドアグリーンとして親しまれています。クッションモスと呼ばれますが苔ではなくシダ  植物の仲間です。

 *黒法師は多肉植物でお日様が好きなのですが、高温多湿が苦手です。夏場は半日陰で風通しの良い場所だと綺麗に育    ちます。お部屋の中では明るい窓際などにおくと良いですね。

 

そんな二つを組み合わせて、いったいどんな感じで上手く成長してくれるかな?というのもこのコケダマの楽しみの一つ♪

 

タマシデ コケダマ

 もう一つはタマシダを使ったコケダマ。

タマシダもお部屋の中で楽しめるグリーンの一つです。

 

 *タマシダ 明るい日陰を好みます。春から秋は直射日光の当たらない明るい日陰で、冬は寒さには強くない方な     のでガラス越しにお日様の当たる場所などで過ごすと良いでしょう。

 

 

 黒法師とセラギネラのコケダマ、タマシダのコケダマ、涼しげで夏のお部屋で楽しむグリーンにぴったりですね^^。

 

水やりの方法は、麻ひもで巻いたコケダマ部分が軽くなっってきたり、葉っぱが少ししおれてきたら水やりのサインです。

お皿やコップに水を張り、コケダマの部分をどぼんとつけて約5分くらい、水をしっかりと給水させてあげます。

 

 

関連の項目-ブログ-