HOMEブログ季節の植物のお話しです。 >ユリノキ |チューリップツリー、ハンテンボク

ユリノキ |チューリップツリー、ハンテンボク

落葉広葉樹のユリノキはチューリップツリーとも呼ばれ、春にチューリップのような花を咲かせます。

ユリノキの黄葉

 紅葉シーズン真っ盛りの11月。

町中の木々が黄色や赤に染まり、美しい秋の景色。

寒~い長~い冬の訪れの前に、自然が私たちに贈る “葉の紅葉” という最高のエンターテイメント^^♪

 

秋晴れと黄金色になったユリノキ

 家から約5分ほどの所に、ユリノキ並木が続く公園があります。

よく晴れた青空に、今年は例年よりもより一層美しく色づいたユリノキが葉を黄金色にきらめかせ、美しい景色を作ってくれました。

ユリノキ。チューリップツリーとも呼ばれ、その名の由来は5月~6月にまるでチューリップに似たような花を咲かせることからこの名で呼ばれています。

ユリノキの花

英名で チューリップツリーと言われるのは、花がチューリップのように咲くからだそうです。

雄しべや雌しべが大胆な形をしているので、私はチューリップというか、南国の花のように見えます。

ユリノキの花、あまり見かけることはありません。

なぜならユリノキは高木樹で10mはゆうに超える高さで育ち、その上の方で咲いているので、身近に『ユリノキの花が咲いてる♪』と感じることは少ないかもしれませんね。

ハンテンボク=半纏みたいな葉

 ハンテンボクと呼ばれる名の由来は、葉の形が半纏はんてんに似ていることからだそうです。

 

ユリノキの葉

ユリノキの学名は Liriodendron  tulipifera

Liriodendron ギリシャ語で「leirion(ユリ)+dendron(木)」

tulipifera(チューリップのような木という意味

 

葉が半纏みたいだからハンテンボクです。)

 

 

関連の項目-ブログ-