HOMEブログ季節の植物のお話しです。 >ブルーベリー|花・果実・紅葉、季節を通して楽しめる木

ブルーベリー|花・果実・紅葉、季節を通して楽しめる木

ブルーベリーを庭で育ててみませんか?
花・果実・新緑に紅葉、季節を通じて楽しめるブルーベリーの木は鉢植えでも楽しめるお得な庭木です。

ブルーベリー

 ブルーベリーは春に咲く花・初夏の新緑・夏の果実・秋から冬の紅葉が、季節を通して楽しめる庭木です。

鉢植えでも楽しめるので、ポイントさえ押さえれば、お庭にそしてベランダでのガーデニングにもぴったりの育てやすくそして病害虫も特にない、丈夫でオススメの庭木なんですよ^^♪
 

 写真は大きめの鉢に2種類の異なる品種を2本植えています。
2012年4月のブルーベリーを撮影したものです。
小さな新芽が出てきたばかり。
枝振りも元気いっぱいの鉢植え3年目のブルーベリーです。

ブルーベリー 花

 近づいて見てみるとほら、小さな新芽と赤い花のつぼみが沢山ついています^^
ほんのりブルーベリーの色も見せてくれている小さな小さな花の蕾。
スズランのような小さな白い花を咲かせます。

ブルーベリーの花

 ブルーベリーの白い小さな花。

 *****************
ブルーベリー

ツツジ科/落葉低木/アメリカ原産

春に白い小さな釣鐘状の花を咲かせ、花後に紫色の果実を実らせます。
春から夏の少しシルバーがかった緑色の葉は美しくまた、秋の紅葉も見所です。

 

育て方のポイント

 ブルーベリーには5つの種類があり、種類により土壌への適応性、耐寒性、耐暑性が大きく異なります。
栽培にあたって特性を正確に押さえ、環境にマッチした種類、育て方を選びましょう。


ローブッシュ
カナダやアメリカ北東部の極寒冷地に自生する。多少の乾燥土壌でも育てやすい。 
ノーザンハイブッシュ
国内では関東以北の寒冷地で育てやすい。 
ハーフハイハイブッシュ
樹高が低く、耐寒性が優れているため極寒冷地で育てやすい。 
サザンハイブッシュ
国内では関東以南、九州での栽培に向く。品種を選べば無霜期間が260日以上の地域でも栽培が可能。 
ラビットアイ
国内では関東以南、九州での栽培に向く。温州みかんの栽培地域が適地になります。福島県付近でも育てやすい。 
 

 

ブルーベリーの土のこと 

 

ブルーベリーは酸性土壌で成長します。(一般の農業用地だとアルカリ性がよいとされる)
ピートモスを使用することで酸性にし、ブルーベリー栽培に適した土にします。

鉢植えも同様にピートモスを主体に栽培します。
(ピートモスとは・・・・水苔が数千年以上堆積してできたもので、有機性含有量が高く、排水性、保水性に富み、酸度無矯正でPH3.5~4)
 

2年生苗を植える場合、一つの苗につきピートモスを12Lバケツに一杯使用します。
(ピートモスはほとんど乾燥した状態で販売されています。使用前にもみほぐしピートモスと同量の水の量で十分に水分を吸収させておきましょう)

水分を十分に含ませたピートモスが入る穴(30cmくらい)を掘り、ピートモスを入れ、根を少しほぐした苗木を、あまり深くせず浅植えする。

最後に杉の皮や腐葉土のマルチングを15~20cmの厚さで施します。

 

 

ブルーベリーの肥料のこと

年に一度12月~3月の間に、油粕をひとにぎり、マルチの上からばらまきます。

ブルーベリー用の化成肥料でもOKです。


 


 

 

 

ブルーベリーの夏 果実

 ブルーベリーの剪定方法はコチラです。↓

http://shiga-kouyouen.com/faq/sentei/buruber.html

関連の項目-ブログ-