HOMEブログ季節の植物のお話しです。 >サルスベリ  百日紅|夏~秋に花を咲かせる花木

サルスベリ  百日紅|夏~秋に花を咲かせる花木

百日紅は名前のとおり、約100日間長い間花を咲かせる落葉樹です。

さるすべり

 梅雨の終わった7月の半ばから、稲刈りの収穫も終わる10頃まで、長い間花を楽しませてくれるサルスベリ。
サルスベリは『百日紅』とも表記しますが、『猿滑』と漢字で書くこともあります。
ご存じの通り、木登りがお得意なお猿さんも、つるっと滑ってしまいそうなほど、木肌かなめらかで、つるつるしていることからでしょうね^^♪

 

さるすべり ピンクの花

 真夏の青空に見事に咲き誇るサルスベリの花は、夏の暑さに負けない美しさですよね~。
百日間咲きつづけると言われるサルスベリの花。
だけど、花が終わったのか、ちらほらと風に揺れて花びらを落とす光景も目にします。
ん?なのに、ずっと綺麗に咲いているのはなぜ???

実際には、一度咲いた枝先から再度芽が出てきて花をつけるため、ずうっと長い間花が咲いているようにみえるのですね。

花の色は、白・紫・ピンク・紅・があります。

 

+++++++++++

サルスベリ /百日紅

 

ミソハギ科

 

学名:Lagerstroemia indica

 

原産地:中国

樹高:2m~10m

開花期:7月~10月

落葉樹


*特徴

 

夏を代表する花木のひとつです。

春に伸びた枝の先端に夏から秋にかけて花を咲かせます。花色は白、ピンク、紅、紅紫などがあります。

 

 

うどんこ病にかかりやすいことを除けば、おおむね強健で栽培しやすいので庭木の他、公園樹などにも広く利用されます。樹高の低く収まる園芸品種は鉢植えでも楽しめます。

 

真夏の暑さに負けない美しい花を咲かせる花木ですから、もちろん、耐暑性は強く、耐寒性もまぁまぁあります。
滋賀の冬、雪が多く降る地域でも、元気に育ち、毎年花をさかせるので、強いほうだと思います。

日当たりを好みます。一年中よく日が当たる場所で育てることで、夏に美しい花が沢山楽しむことができます。


*剪定

適期は落葉した後の、1月~3月です。

「その年に伸びた枝(本年枝)を短く切り戻す」ことが、基本になります。

 

 

本年枝は付け根から2cmほど残してばっさりと切り詰めます。枝をごく短く切り詰めると翌春に勢いのある長い枝が伸びやすく、サルスベリはそのような枝にたくさんの花をつけます。

 

 

枝の先端だけを切り詰めるような剪定では、出てくる枝は貧弱で、花付きが悪いです。

 

本年枝の切り詰める長さで翌春の枝の伸びが変わってくると言うことを覚えておくと良いでしょう。


*花柄摘み

花が咲き終わった後は、タネをつけて木が消耗しないように花がらは切り取っておきましょう。


*水やり

 

地植えの場合、植え付けた直後、根付くまでの間は炎天下の日2週間以上続く場合は、多少水をやりますそれ以外は水をやる必要はありません。

 

 

 

鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと与えるようにしましょう。

肥料は地植えの場合、植え付ける前に土にたっぷりと堆肥を混ぜ込みます。鉢植えは化成肥料を混ぜ込みます。

 

 

 

追肥は冬の落葉期に油かすと骨粉を混ぜた肥料を株元に与えます。鉢植えはそれに加えて、枝がよくのびる5月と開花中の8月~9月にゆっくり効くタイプの化成肥料を与えます。

 

 


 

サルスベリの花言葉:『雄弁』・『愛敬』・『世話好き』

 

 

 

 

 

 

 

関連の項目-ブログ-